在外選挙

在外選挙制度とは
 
海外に住んでいる人が、外国にいながら国政選挙に投票できる制度を「在外選挙制度」といい、これによる投票を「在外投票」といいます。在外投票ができるのは、日本国籍を持つ18歳以上の有権者で、在外選挙人名簿に登録され、在外選挙人証を持っている人です。在外選挙人名簿に登録されている方は、国民投票の在外投票もできます。
 
各手続きについて
 
在外選挙人名簿への登録(当館での申請)
 (参考)これから国外に転出される方は,転出の際に市区町村窓口にて登録申請(出国時申請)と行うことが出来ます。詳しくはこちら


投票方法別ウィンドウで開く

その他手続き
(「在外選挙人証の住所変更・氏名変更」、「在外選挙人証の再交付」、「登録の抹消」、「帰国後3か月以内の投票」、「管轄地域外への転居」について)

国民投票制度別ウィンドウで開く
【関連HP】
外務省HP(在外選挙) http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/index.html
総務省HP(在外選挙制度) http://www.soumu.go.jp/senkyo/netsenkyo.html
衆議院小選挙区の区割りの改定について(17.07.16)
 
【在青島日本国総領事館】
○代表番号:+86-532-8090-0001
○FAX:+86-532-8090-0024 (領事担当)
○E-mail:ryoji@qd.mofa.go.jp(領事担当)