中文 (Chinese)

山東省と17市の概況
週報
・ホーム > 山東省経済貿易情報 > 週報 戻る 印刷

【山東省及び青島市週報】

2010年12月15日~21日

Ⅰ.山東省関連

1.山東省委が、常務委員会拡大会議を開催した

15日付「大衆日報」によると、14日、山東省委が、常務委員会拡大会議を開催し、中央経済工作会議の精神を徹底するよう述べた旨報じている。なお、同会議には、姜異康・山東省書記、姜大明・山東省長、劉偉・山東省政協主席の他、省委常委、省法院院長、省武警総隊総隊長ら関係者が出席した。


2.今年1月から11月の山東省の農産品輸出額が、112億ドルに達し、11年連続全国1位

15日付「大衆日報」によると、今年1月から11月の山東省の農産品輸出額が、112.8億ドル(昨年同期比30%増)に達し、11年連続全国1位を達成した旨報じている。


3.煙台港の貨物取扱量が、2億トンを突破した

16日付「大衆日報」によると、14日、今年の煙台港の貨物取扱量が、2億トンに達し、中国で貨物取扱量が2億トンを超える第10番目の港となった旨報じている。


4.今年1月から11月の魏橋創業集団の売上高が1,034億元に達した

17日付「大衆日報」によると、今年1月から11月の魏橋創業集団の売上高が1,034億元(昨年同期比41%増)、売上総利益が105億元に達した旨報じている。なお、今年の売上高が、1,000億元に達した民営企業は、山東省内で同社が初めてである。


5.今年1月から11月の「中国重汽集団済南卡車」の自動車販売台数は、10万台に達した

17日付「NNA」によると、中国重型汽車集団傘下の大型トラックメーカー「中国重汽集団済南卡車」の今年1月から11月の自動車販売台数は10万1,003台(昨年同期比38.9%増)、生産台数は、11万7,077台(同52.6%増)に達した旨報じている。


6.周星夫・元山東省政協副主席が死去した

19日付「大衆日報」によると、14日、1979年12月から1988年3月まで、山東省政協副主席を務めた周星夫氏が、済南市において93歳で死去した旨報じている。


7.山東省が、水利保障レベルの向上に力を注ぐ

20日付「人民日報」によると、12日、山東省は、水利部と「現代水利モデル省建設の協力に関する覚書」に調印し、姜異康・山東省書記は、「山東省は、全国の水資源量の1.1%を占め、全国の6.2%の耕地に水を供給し、全国の穀物生産量の8.1%を生産し、全人口の7.1%を占め、全GDPの10.3%を占めている」と述べた旨報じている。


8.黄勝・山東省副省長一行が、オマーン、カタール、クウェートを訪問した

21日付「大衆日報」によると、8日から18日まで、黄勝・山東省副省長一行が、オマーン、カタール、クウェートを訪問し、オマーンの首都マスカットで開催された「第2回アジアビーチ競技大会」に出席した旨報じている。


9.賈慶林・全国政協主席兼中国共産党政治局常務委員が、山東省を視察した

20日付「大衆日報」によると、17日から19日にかけて、賈主席が、山東省済寧市、荷澤市、済南市(荷澤市の佳農野菜有限公司、済寧市エン州新エン鎮子馬青村、華瀚太陽光電力ステーション、聯電済寧科技園、冠銓(山東)光電科技有限公司、ユン城県煤化工工業園、中国重汽集団済南商用車有限公司、荷澤市文化センター、済南市大明湖拡張プロジェクト現場)等を視察し、「中国共産党第17回五中全会及び中央経済工作会議の精神を徹底させ、科学的発展観を主題とし、経済発展パターンの転換加速を中心に据えた上で各方面の智慧と力を集約し、工業化、都市化、農業の現代化を統一的に推進し、経済の安定かつ比較的速い発展及び社会の調和・安定を促進すべきである。また、優秀な成果を以て共産党成立90周年を迎えるべきである」と強調した旨報じている。同視察には、孫懐山・全国政協機関党組書記兼副秘書長、張基ヤオ・全国政協人口資源環境委員会副主任、李徳水・全国政協経済委員会副主任、王金祥・全国政協常委、姜異康・山東省書記、姜大明・山東省長、劉偉・山東省政協主席らが同行し、一部視察には、焉栄竹・済南市書記、王敏・山東省委秘書長、張建国・済南市長も同行した。


Ⅱ.青島市関連

1.李群・青島市書記が、農業・農村問題に関する会議に出席

15日付「青島日報」によると、14日、青島市委が、農業・農村問題に関する会議を開き、李群・青島市書記は、農業委員会、水利局、海洋・漁業局、林業局等から関連の報告を受けた旨報じている。なお、同会議には、王文華・青島市副書記、王魯明・青島市秘書長、張元福・青島市副市長らが出席した。


2.今年1月から11月の青島市の一定規模以上の工業企業の生産額が1兆元を超えた

16日付「青島日報」によると、今年1月から11月の青島市の一定規模以上(国有企業または年間売上高500万元以上の非国有企業)の工業企業の生産額が1兆元を超えたことを記念し、15日、青島市工業企業発展フォーラムが、青島市で開催された旨報じている。工業・情報化部、王軍民・山東省副省長が同フォーラムに祝電を寄せ、夏耕・青島市長が同フォーラムに出席した。なお、2003年に上海、2006年に蘇州と深圳、2007年に天津、2008年に広州、仏山、無錫、北京が、同生産高が1兆元を超え、青島は、全国で9番目である。


3.青島市のトップ100企業が発表された

16日付「青島日報」によると、青島市工業企業発展フォーラムの式上、青島市企業連合会及び青島市企業家協会が、「2010青島市トップ100企業」を発表した旨報じている。1位ハイアール集団(売上高1,249億1,161万元)、2位海信集団(559億8,526万元)、3位山東六和集団(同402億1,600万元)、4位中国石油化学青島煉化工会社(同347億2,140万元)、5位青島鉄鋼集団(312億3,400万元)である。


4.李群・青島市書記が、青島市の外資企業誘致・外資導入に関する会議に出席

17日付「青島日報」によると、16日、青島市委は、青島市の外資企業誘致及び外資導入に関する会議を開き、李群・青島市書記が、商務局、発展改革委員会、経済情報委員会、台湾弁公室等から関連の報告を受けた旨報じている。なお、同会議には、王魯明・青島市秘書長、呉経建・青島市副市長らが出席した。


5.李群・青島市書記が、青島ビール及び青島市の科学研究機関を視察

17日付及び18日付「青島日報」によると、李群・青島市書記が、16日、青島ビールを視察し、金志国・青島ビール董事長から、同社に関する報告を受け、李書記は、「青島ビールは、青島市民の誇りであるだけでなく、中国及び中国国民の誇りである」と述べた旨報じている。なお、同視察には、王魯明・青島市秘書長、胡紹軍・青島市副市長が同行した。また、17日、李書記は、中国石油化学安全工程研究所、中国科学院海洋研究所を視察し、その他青島の科学研究機関の責任者を集め座談会を開催した旨報じている。なお、同視察及び座談会には、張恵・青島市副市長、王魯明・青島市秘書長らが出席した。


6.青島市委が、常務委員拡大会議を開催した

18日付「青島日報」によると、17日、青島市委が、常務委員拡大会議を開催し、李群・青島市書記が挨拶し、夏耕・青島市長が、中央経済工作会議の精神を伝え、王書堅・青島市常務副市長が、全国発展・改革工作会議の精神を伝えた。


7.中国日報が青島事務所を設立した

18日付「青島日報」によると、17日、中国日報青島事務所設立式が開催され、李群・青島市書記及び夏耕・青島市長が祝電を寄せ、曲莹璞・中国日報副編集長、劉保聚・山東省宣伝部長、王偉・青島市宣伝部長、齋藤法雄・在青島日本国総領事が出席した旨報じている。


8.李群・青島市書記が、青島市旧市街の景観保護及び都市建設状況を視察

20日付「青島日報」によると、18日、李群・青島市書記は、劉太格・元シンガポール住宅建設局局長、元シンガポール都市再建局局長と共に小魚山公園、信号山公園を視察し旧市街の景観保護状況を視察し、また、国際金融中心の最上階から新市街を眺め、新市街の建設状況に対する理解を深めた旨報じている。なお、同視察には、王魯明・青島市秘書長、王建祥・青島市副市長らが同行した。


9.今年1月から11月の青島市の輸出入額が500億ドルを突破した

21日付「青島日報」によると、今年1月から11月の青島市の輸出入額が505.76億ドル(昨年同期比32.1%増)に達し、うち、輸出額が301.03億ドル(同30.2%増)、輸入額が204.74億ドル(同35%増)に達した旨報じている。


Copyright(C): 2012 Consulate-General of Japan at Qingdao
法的事項 | アクセシビリティについて | プライバシーポリシー |
在青島日本国総領事館