交通安全に心がけて下さい

最近は,交通違反の取締が厳しくなっており,山東省内でも直近の1ヶ月に重度交通違反の処分だけで1万件以上が検挙されており,中でも速度超過や飲酒運転の処分が目立っています。一般的に冬季は交通事故が起こりやすい時期とされています。これから,本格的な冬を迎えますが,気温の低い朝は,雨や雪が降らなくても,路面が凍結することがあり,速度超過が著しい場合は車両の制動が思うように出来なくなり,スリップ事故などを起こす危険性が高くなります。事故を未然に防ぐためにも,運転手が安全運転に努めることは当然ながら,同乗者でも,危険運転と思われるような時は,運転手に注意を促すよう心がけて下さい。なお,万が一事故が発生した場合は,シートベルトの着用の有無が生命を分けることになりますので,乗車中は,運転席,助手席での着用はもちろんのこと,後部座席であっても忘れずに着用して下さい。
また,年末年始,春節の時期を迎え,特に飲酒の機会が増える方が多いと思いますが飲酒運転で検挙された場合は,身柄拘束の可能性もありますので,飲酒後は車を運転しない,飲酒した運転手の車には同乗しないを徹底し「飲酒運転を絶対にしない,させない」を実践して下さい。