山東省内の新型コロナウイルス感染症関連政策(随時更新)

2021/1/12
 現在,山東省では流行状況の変化に伴い,省内の社区の封鎖や移動制限等は基本的に解除されている一方で,引き続き海外からの入国について厳格に隔離を実施するなど制限されている状況となっております。関連政策について以下の通りまとめております。
※なお,過去の移動制限等についてはこちらのページをご参照ください。
 

山東省内各地区のリスク分類

 4月26日,山東省は県(市・区)別のリスク分類表を更新,全省137の県(市・区)全てを低リスク地区となりました。
 最新の全国各地区リスク評価は下記の中国国務院のプログラムなどで確認できます。
 http://www.gov.cn/fuwu/2020-12/12/content_5569095.htm
 

関連通達(山東省)

 ・新型コロナ肺炎の予防コントロール常態化業務の全面的な実施についての方案
1.       組織領導原理を引き続き保持し,現在存在する各レベルの新型コロナ肺炎疫情処置領導小組(指揮部)を維持し,精緻簡便で効率的な実態のある業務機構を設置する。連携した防疫およびコントロールシステムを保持し,防疫業務の属地責任および部門責任を厳格に徹底する。「四早」,「四集中」原理を変えず,早期発見,早期報告,早期隔離,早期治療の措置を引き続き全面的に実施し,患者の集中,専門家の集中,資源の集中,救護治療の集中の原則を堅持する。専門家の指導および科学的な政策決定原理を保持し,専門家会議および技術指導システムをさらに改善し,科学的政策決定,リスクコントロール,科学研究等の方面についての専門的な支援をさらに発揮する。
2.       港湾の感染防止対策を強化し,省外,省内,航空,港に分類した管理コントロールを実施する。特殊場所の衛生管理を強化し,人員の出入管理を厳格にし,健康観測を実施し,日常の消毒を強化し,衛生環境と個人を保護する。学校の予防コントロール強化を実施する,確実に「一校一案」を徹底し,学校開学の検査を厳格にし,疫情の応急処置および日常の予防を強化し,連携した防疫とコントロールおよび事務の連動を強化する。医療機構の管理を強化し,患者の救護治療を行い,重点部署および段階の管理,医療物資の備蓄を強化し,院内感染を厳格に防止する。
3.       低リスク地区または症例未発生の社区は,社区の封閉式管理措置を解除すべきであり,強制的な隔離や物理的な隔離は今後行わないこととする。疾病コントロール上の管理が必要な人員を除き,原則として人の移動および社区の出入を制限されず,人員の隔離措置は範囲を超えて実施してはならず,外部から来る人員および車両の進入を許可し,人員および車両の出入登記,体温測定,健康コードの確認については継続して実施し,規定に基づき社区の総合サービスを段階的に回復する。公共場所の常態化防疫措置を改善し,清潔な環境を維持し,消毒換気を行い,人員の保護を行い,検査スクリーニング等の常態化防疫措置を徹底し,検査通行を効率化する様々な方式を採用し,休日の疫病コントロールを実施する。
4.       入国人員の閉じられたサイクルでの管理を強化し,「国のドア」から「家のドア」までの縫い目のない鎖状の管理を実現する。重点地区から山東省に来る人員の服務管理を強化し,厳格に順番に登記および健康検査を行い,親切に気遣いをし,厳格に病状の流入を防止する。無症状感染者のスクリーニングおよび管理を強化し,「五つの一律」を継続堅持し,新型コロナ肺炎の退院患者の管理を強化し,入院治療および退院の全面的な閉鎖的サイクルでの管理を実行する。住民個人の防護を強化し,健康意識を増強し,外出活動および人の集まりを減少し,消毒防護を行い,良好な衛生および健康習慣を保持する。核酸検査サービスを強化し,四種の人々(確定症例,疑似症例,無症状感染者および上述人員の密接接触者),発熱外来患者,入院患者およびその看護人,国外からの入国人員,疫情重点地区から山東省に戻る(来る)人員,学生のうち調査の上で重点人員に当たる者,特殊場所(公安司法監管所,社会福利および養老機構等)の人員,医療機構の医師看護師等の人員,教師,公共場所のサービス人員,港湾検疫検査人員,および医療衛生と疫情防疫機関が検査を勧める人員等12類の人員は全員検査を行うべきであり,その他多くの人々は,「希望者は自費で」の原則に基づき,原則希望者すべての検査を行う。
5.       五月末までに,各県(市・区)に少なくとも一カ所の県レベルの医療機構および県レベルの疾病コントロールセンターにより核酸検査可能な体制を展開する。重大突発公共衛生事件応急が保証する地方立法を提出展開し,疾病コントロールセンターの標準化建設工程を実施し,省の公共衛生臨床センターの建設を開始し,特殊組織及び特定疾病の医療費の免除制度及び医保基金応急預付制度を設立する。
山東省政府:全面做好新冠肺炎疫情常态化防控工作方案】2020.5.2
http://www.shandong.gov.cn/art/2020/5/2/art_97560_356966.html
 

海外からの入国者に対する措置

現在,日本を含む海外から中国への入国については,入国制限及び厳格な隔離措置等がとられております。対策はその都度調整されておりますので,以下の当館ホームページを含め最新情報にご注意ください。
・新型コロナウイルス感染症(中国政府発表:3月28日0時から,現在有効な訪中査証及び居留許可を有する外国人の入境を暫定的に停止)
https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000501.html
・新型コロナウイルス感染症(中国政府発表:有効な三種類の居留許可を有する外国人の入境許可(9月28日から))
https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000501.html
・中国への渡航関連情報(駐日中国大使館発表:搭乗に「PCR検査及び抗体検査」の陰性証明が必要)
https://www.qingdao.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00419.html
・新型コロナウイルス感染症(山東省の中国国外からの入境者に対する「14+7」政策)
https://www.qingdao.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00482.html
 

中国国内(中・高リスク地区)からの来訪者に対する措置


現在,中国国内における中・高リスク地区から山東省への来訪者に対しては,以下の措置が執られております。
・高リスク地区:14日間の集中隔離観察,隔離期間中3回のPCR検査及び1回の抗体検査。
・中リスク地区及び高リスク地区(街道)が含まれる市区のその他のエリア(街道):14日間の自宅隔離,2回のPCR検査及び1回の抗体検査。
・中リスク地区(街道)が含まれる市区のその他のエリア(街道):14日間の健康観察,2回のPCR検査及び1回の抗体検査。
・低リスク地区のうち重点地区(6/18日現在北京市):省内に宿泊する場合は到着時に1回のPCR検査。宿泊しない場合,個人で健康観察を行い,発熱,咳,下痢等の疑わしい症状が発生した場合,直ちに報告及び受診を行う。
【山東省政府HP高风险区来鲁人员,一律集中隔离并进行四次核酸检测2020.5.18
 http://www.shandong.gov.cn/art/2020/5/19/art_119916_358523.html
【山東省政府HP关于扎实做好近期疫情防控有关工作的通知2020.6.14
    http://www.shandong.gov.cn/art/2020/6/14/art_107851_107477.html