旅券(パスポート)所持に関する注意喚起(2016.6.1)

2016/6/1
    5月、青島市内において、邦人が旅券を所持せずに外出し、警察官からの旅券提出要求を拒んだため、出境入境管理法違反で罰金処分となる事案が発生しました。
   当地に滞在する邦人の皆様におかれましては、以下の点にご留意願います。
 
○ 中国に在留又は短期滞在する16歳以上の外国人は旅券若しくは居留証を携帯することが法律により義務づけられています。(出境入境管理法第38条)
○ 街頭で警察官に職務質問された際などに旅券等を提示できないと、派出所で事情聴取を受けることもあります。また、旅券等の検査を拒否したと判断された場合、警告及び2千元以下の罰金を科される可能性もあります。(同法第76条)
○ 中国に滞在される皆様におかれましては、外出時には紛失、盗難には注意しつつ旅券等を携行し、警察官から提示を求められた場合には提示できるようにしてください。
                                                                                                                                                                                                  ~ 以 上 ~