山東省及び青島市週報】2017年4月29日~2017年5月5日

I.山東省関連
済南-ミラノ直行定期便が就航へ
●イタリアの航空会社「NEOS航空」は5月29日より、ミラノと済南を結ぶ路線の運航を始める予定であり、週1回の往復で済南とミラノを約12時間で運航する。同線は済南市初の欧州直行便となる。(4月30日付『大衆日報』)
 
 
II.青島市関連
1.青島市党委常務委会議が開催
●28日、張江汀・青島市党委書記の主催により、同市委常務委会議が開催された。習近平総書記の広西壮族自治区視察における発言と李克強総理の山東省視察における発言精神を伝達したほか、第12期山東省人大第7回会議精神を学習し、同市現在の経済状況及び今後の経済業務等を討議した。(4月29日付『青島日報』)
 
2.孟凡利・青島市長が田中誉士夫・神奈川県日中友好協会顧問と会見
●28日、孟市長は田中顧問と青島市で会見した。孟市長は田中顧問の来青に歓迎したほか、神奈川県日中友好協会が長年にわたって日中友好に貢献してきたことを評価し、工業、文化、医療、養老等の分野における双方の協力の強化を希望する旨を述べた。田中顧問は青島の発展実績を高く評価し、川崎、横浜等の都市と青島市との経済貿易分野における交流の促進に努める旨を述べた。(4月29日付『青島日報』)
 
3.張江汀・青島市党委書記が王偉光・中国社会科学院院長と会見
●3日、張書記は第四回全国哲学社会科学論説体系建設理論検討会に参加のため、青島市を訪れた王院長と会見した。李培林・中国社会科学院副院長、陳立・国家行政学院副院長、張宏志・中央文献研究室副主任、祝華・青島市党委秘書長等が会見に同席した。
(5月4日付『青島日報』)