パスポートの携行義務(厳守)について

 中国では16歳以上の外国人はパスポートの携行が義務づけられています。厳守してください。
 
 16歳以上の外国人はパスポート又は居留証を携帯することが法律(出入境管理法第38条)により義務づけられています。街頭で警察官に職務質問をされた際などにパスポート等を提示できないと、派出所で事情聴取を受けることもあります。パスポート等の検査を拒否した場合、警告及び最高2,000元の罰金が科される可能性もあります。(同法第76条)

 特に青島市では6月に国際会議が開催されるため、市内での警備が一段と強化され、これまで以上に街頭での職務質問を受け、パスポートの提示を求められるケースが多くなると予想されます。公安局も外国人のパスポート携帯につき厳格に対処するということですので、パスポートは常時携行を厳守するようにしてください。
 
 一方、パスポートを盗難・紛失された場合、パスポートや滞在許可の再発行手続き、出国手続き等、盗難・紛失後の手続に概ね2、3週間を要することになり、日本への帰国や中国国内の移動に支障が生じますので、パスポートの管理には十分注意するようにしてください。