新型コロナウイルス感染症(山東省の中国国外からの入境者に対する「14+7」政策)

2021/1/20
2021/1/8 公開 
2021/1/20 更新 

 山東省政府は今般、国外からの入境者に対する「14+7」政策の厳格な執行を開始いたしました。
 従来から必要とされていた、入国後14日間の指定施設(ホテルなど)での集中隔離に加え、7日間の自宅隔離が必要となります。隔離に適した自宅がない場合は14日間から引き続き7日間指定施設で隔離をうける必要があります。

 なお、本政策における7日間の自宅隔離の実施については各地区に任されており、場所毎に詳細が異なる場合があります。詳細はご自宅の管理人等を通じて管轄の「社区」にお問い合わせ下さい。

 ※1月20日更新:既に一部の地域(青島市市南区等)では、+7日間の自宅隔離を認めず、区の用意したホテルでの隔離が必要となるなど、政策が変更されておりますのでご注意下さい。

 また、今後の状況次第では対策が調整される可能性もございますので、引き続き関連情報にご注意下さい。