新型コロナウイルス感染症(日本入国時の検査申告書(中国出国前72時間以内の検査証明)の提出及び日本の空港での検査)

2021/7/1
  1月13日午前0時(日本時間)から開始した日本に入国する全ての方(日本国籍者を含む)に対し、出国前72時間以内(注1)の検査証明の提出を求める措置は、当分の間、継続されております。また、3月19日から、要件を満たした検査証明が提出できない場合、検疫法に基づき、日本への上陸が認められない措置が執られております。

 検査証明の内容が厚生労働省の求める条件を満たしてないため、搭乗拒否となるケースが度々発生しています。日本に入国/帰国される方は、厚生労働省のHPで厚生労働省が有効と認める検査検体及び検査方法等の所定の事項を十分にご確認いただくとともに、特に以下の点にご注意ください。

1.厚生労働省指定フォーマット利用のお願い

 検査証明については、検査手法の誤りや証明書の不備等避けるため、可能な限り、厚生労働省が指定しているフォーマット(日本語・英語中国語)を利用して、検査証明を取得してください。指定のフォーマットを自身で印刷の上、医療機関に持ち込み、日本渡航用である旨申し出ると、発行可能な場合があります。

2.任意のフォーマットによる検査証明を取得する場合

(1)厚生労働省指定フォーマットによる証明の取得が困難であり、中国語で記載された検査証明の利用される場合には、厚生労働省が求める「検査証明書へ記載すべき内容」が検査証明に全て記載されることを医療機関に事前によく確認し、検査証明を取得してください。検査証明の内容に基づき「検査申告書(注2)」をご自身で記入し、医療機関が発行した中国語の検査証明と併せて提出してください。検査証明と検査申告書の内容が一致しない場合や「検査証明に記載すべき内容」に漏れがある場合は、有効とは取り扱われず、搭乗拒否となります。

(2)英語で記載された任意のフォーマットの提出も可能ですが、厚生労働省が求める「検査証明書へ記載すべき内容」が全て記載されている検査証明のみ有効と取り扱われます。

(3)中国語の証明書、英語の証明書のいずれについても、記載内容に記入漏れや誤字等の不備がないかどうか、必ずご自身でよくご確認ください。
 

(注1)検体採取から搭乗予定航空便の出発時刻までの時間

 

(注2)「検査申告書」の様式は、外務省HPに掲載された所定のフォーマット(PDF)を使用し、現地検査機関が発行した「検査証明」(医療機関印影又は医師の署名が必要)を添付して下さい(「検査申告書」は、中国から本邦に入国する場合に限り使用されるもので、他国・地域から入国する場合には使用できませんのでご留意ください)。

 
【検査証明書へ記載すべき内容】

(ア)人定事項(氏名、旅券番号、国籍、生年月日、性別)

(イ)COVID-19の検査証明内容

  • 検査法(核酸増幅検査(real time RT-PCR法)(Nucleic acid amplification test(real time RT-PCR))他、詳細は早見表をご確認ください。

  • 検体(鼻咽頭ぬぐい液(鼻咽拭子/Nasopharyngeal Swab)、唾液(Saliva)又は鼻咽頭ぬぐい液と咽頭ぬぐい液の混合検体(鼻咽拭子与口咽拭子/Nasopharyngeal and oropharyngeal swabs)に限る。)
    ※咽頭ぬぐい液(口咽拭子/咽拭子/Throat Swab)、鼻腔ぬぐい液(鼻拭子/鼻腔拭子/Nasal Swab)や鼻咽頭ぬぐい液と咽頭ぬぐい液の混合検体(鼻咽拭子与口咽拭子/Nasopharyngeal and oropharyngeal swabs)以外の混合検体は認められません。詳細は早見表をご確認ください。

  • 検査結果

  • 検体採取日時

  • 検査結果判明日

  • 検査証明交付年月日

(ウ)医療機関等の情報(医療機関名、医療機関住所、医師名、医療機関印影)。

  
 日本入国時に必要な検査証明書の要件について(検体、検査方法、検査時間:早見表)
 検査証明書についてのQ&A
   
(4)中国で検査可能な医療機関については、中国政府の下記HPで検索できます。医療機関での検査を予約する際には、鼻咽頭拭い液(鼻咽拭子)、唾液又は鼻咽頭ぬぐい液と咽頭ぬぐい液の混合検体(鼻咽拭子与口咽拭子による検査が可能なことを必ず確認してから検査を受けて下さい。
全国PCR検査機関検索(全国核酸検測機構査詢)
 山東省PCR検査機関一覧(山東省衛生健康委員会HP)
 青島市PCR検査機関一覧(青島市衛生健康委員会HP)

(5)上記の中で、厚生労働省が求める「検査証明書へ記載すべき内容」が全て記載されている検査証明の発行が可能な医療機関は、現時点で当館が把握している限り下記の通りです。検査を予約される際には、必ずご自身で医療機関に対し、日本渡航用である旨伝えた上で、厚生労働省が求める「検査証明書へ記載すべき内容」が全て記載されることを確認してください。また、交付された検査証明に不備がないか、必ずご自身でよくご確認ください。
【青岛市】
青岛市市立医院(东院区)国际门诊 0532-85937690
山东大学齐鲁医院(青岛)0532-96599
青岛大学附属医院西海岸院区 0532-82919303
青岛海华医学检验实验室 0532-80981700
【济南市】
山东大学齐鲁医院  0531-82169345
济南市中心医院  0531-55739999
【烟台市】
烟台市奇山医院  0535-6211516
【威海市】
威海市立医院  0631-5289120
【潍坊市】
阳光融和医院  0536-6960282
 
●また、1月9日午前0時(日本時間)から開始した日本に入国する全ての方(日本国籍者を含む)に対し、入国時に空港で検査を実施する措置も、当分の間、継続することとなりましたので、ご注意ください。
 
●本措置は、当分の間実施される予定です。本件取扱いについて、変更又は終了となった場合は、当館からのメール、HP等でお知らせします。