孫立成・済南市委書記との会見

2021/8/31
 8月18日午後、井川原総領事は、中塚潤一郎・三菱商事(中国)総代表一行と共に孫立成・済南市委書記と会見し、経済交流について意見を交わしました。
 孫書記より同市の概況説明があった後、ハイエンド設備製造、生物医薬、情報技術などの分野における日本との協力促進について意向が示されました。また、同市は798㎢の「済南新旧エネルギー転換先行区」の建設を推進しており、より多く日系企業から注目と参与を頂きたいと希望しています。
 井川原総領事は、現地在留邦人及び日系企業への支援に感謝の意を表するとともに、経済貿易をはじめ、文化旅游など多分野における済南と日本との交流促進に一層尽力したい旨を表明しました。
 中塚潤一郎総代表は会社概要を紹介したほか、済南との協力強化を促進する旨を表しました。
 会見に先立ち、井川原総領事と中塚潤一郎・三菱商事(中国)総代表及び三菱グループ関係者は、済南市関係部署の責任者と座談会を行いました。
 
 8月19日午前、総領事は済南軽騎鈴木モータース有限公司を訪問し、会社の発展状況について説明を受けました。