婚姻届

※以下の所要時間の目安より長い時間がかかる場合もありますのでご了承下さい。

中国人の方と結婚される場合には、日本人と中国人の婚姻手続きを参照して下さい。
必要書類: 日本人と外国人(中国人)の場合
(1)婚姻届---2~3通【婚姻届記載例(PDF)
(2)パスポート(旅券)
(3)戸籍謄(抄)本――――2通(3ヶ月以内)
(4)配偶者の国籍を証明する書類――――2~3通(注1)
(5)配偶者との婚姻を証明する書類――――2~3通(注1)
(6)上記(4)、(5)の和訳文――――各2~3通
日本人同士の場合
(1)婚姻届――――2~4通
(2)旅券
(3)戸籍謄(抄)本(注2)――――2通(3ヶ月以内)
(4)証人の署名(注3)
届出人: 当事者(日本人)
所要時間の目安: 約2時間
参考: (注1)配偶者が中国人の場合、その国籍を証明する書類としては、公証処の発行する国籍公証書がある。また、中国人との婚姻を証明する書類としては、結婚証に基づき公証処の発行する結婚公証書がある。いずれも、配偶者である中国人の本籍地の公証処で発行される。
(注2)日本人同士の婚姻の場合、夫となる者、妻となる者それぞれ2通が必要。
(注3)証人(成人2名)は婚姻届の所定欄に署名、押印する必要があるため、 届出人とともに来館するか、事前に婚姻届を入手し、署名、押印済の婚姻届を持参する必要あり。
注意点:
・日本人同士の婚姻の場合、新本籍地の場所により届書の通数は2~4通となるの で、事前に当館まで要確認。
・結婚後3ヶ月以上経過した場合、婚姻届遅延理由書を任意様式で2通作成する必要あり。
・和訳文には、作成年月日、和訳者の氏名の記載が必要。