冬から春にかけて山東省に入る(戻る)者の防疫及び健康管理の一部変更(山東省政府発表)

2021/2/2
 山東省政府は2日、冬から春にかけて山東省に入る(戻る)者の防疫及び健康管理措置の補充通告を発表しました。
 発表によれば冬から春にかけての期間、省外から山東省に入る(戻る)者に対し、7日以内のPCR検査陰性証明を求めていたものが、一部条件の該当者を除き、「緑の健康通行コード」で足りることに変更されました。また、期間の終期が3月8日までに変更になっています。
 なお、以前の通達はこちらをご覧下さい。
 
●発表本文(中国語) 山東省人民政府ホームページ
http://www.shandong.gov.cn/art/2021/2/2/art_97560_398217.html
 
●発表文当館仮訳
冬春季の山東省に入る(戻る)人員の健康管理措置に関する補充通告
 
 国務院聯防聯控機制の関連要求に従い、山東省の実態に合わせ、山東省委防疫及び経済運行工作領導小組(指揮部)は山東省に入る(戻る)人員の健康管理措置について以下の通り補足し、通告する。
 
1.高リスク地区の人員は山東省への来訪を延期すること、中リスク地区の人員は原則山東省への来訪を延期すること、確かに移動する必要がある場合は、その場所の防疫指揮部の審査許可証明及び、72時間以内の有効な新型コロナウイルス核酸検査陰性結果が必須。中・高リスク地区から来た若しくは14日以内に行った事がある、又は経由して山東省に入る(戻る)人員は14日間の集中隔離を実施する。

2.中・高リスク地区が所在する市の低リスク地区から山東省に入る(戻る)必要がある人員は、7日間以内の有効な新型コロナウイルス核酸検査陰性結果が必須。

3.その他低リスク地区の輸入冷凍食品関係に従事する者、港にて輸入貨物に直接接触する業務に従事する者、隔離場所で仕事をする者等の重点人員で、確かに山東省に入る(戻る)必要がある人員及び省を跨いで当省の農村地区に帰郷する人員は、7日間以内の有効な新型コロナウイルス核酸検査陰性結果が必要。

4.その他の人員は健康通行コードの「緑コード」を持ち、体温が正常で個人で防護を行うことを前提に秩序を保って移動する。

5.その他の関連する防疫規定について変更はない。
 
 上述の防疫措置は即日実施し、2021年3月8日に終了する。
 各地は防疫要求を規範に合わせて実行し、「層層加嗎(※各階層で要求を追加すること)」をしてはならず、勝手にグループの範囲を拡大したり、核酸検査の数を増やしたり、自宅健康監察の方式を改変したりしてはならず、各措置の科学的で正確な実行を確保しなければならない。
 
山東省委防疫及び経済運行工作領導小組(指揮部)弁公室
2021年2月2日