在留証明

※以下の所要時間の目安より長い時間がかかる場合もありますのでご了承下さい。

海外のどこに住所(生活の本拠地)を有しているかの証明
必要書類: (1)パスポート(旅券)
(2)現住所を立証できる公文書(注1)
(3)その他(注2)
申請書及び記載例: ・形式1:現住所のみの証明の場合
 【在留証明申請書(形式1)(PDF)】
 【在留証明申請書記載例(形式1)(PDF)】
・形式2:現住所、過去の住所及び同居家族の証明の場合
 【在留証明申請書(形式2)(PDF)】
 【在留証明申請書記載例(形式2)(PDF)】
申請条件:

3ヶ月以上の居住者(注3)

原則として日本国内に住民登録をしていないこと(特別な事情がある方はご相談下さい。)

手数料: 70元(注2) 
交付日数: 当日交付可能
所要時間の目安: 約30分~1時間
代理申請: 原則不可(特別な事情がある方はご相談下さい。)
参考: (注1)居住地を管轄する公安局発行の臨時宿泊登記書、または、住所が記載されている中国当局発行の書類。(外国人就業証、外国人居留証、中国運転免許証、専家証、工作証など)
(注2)恩給その他の公的年金(国民年金、厚生年金、船員保険年金等)の受給の場合は手数料免除となります。(使用目的が年金受給であることが確認できる書類の提示が必要。企業年金、年金基金は該当しない。)
(注3)滞在期間が3ヶ月以内であっても、生活の本拠を定めたと認められ、かつ、今後3ヶ月以上滞在することが確認できる場合は申請が可能です。